プロフィール

Author:honmasami
東京生まれ。男、64歳。
主に、写真、グラフィック関連の仕事に従事。50代に入りWEB関連、会計事務等に従事。
座業中心の職業柄から運動不足で心臓病に。リハビリの一環としてウォーキングをはじめる。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


荒川ウォーキング


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


FC2掲示板


この記事にリンクを貼る


DATE: CATEGORY:時事雑感
あまりの愚考に一言だけ。
「むずかしいビジネスでは、ひとつの問題が
解決するそばから、別の問題が持ち上がって
くる。台所のゴキブリが一匹だけのはずがないのだ」
・・・・パフエットの教訓より

国の責任とはいえ、いい加減損切りしないと。
無能の経営者が必ずとる行動そのもの。
これには、うなずく人たちも多いかと思う。

原子力ビジネス、はっきり言って筋が悪い。
こんなことにいつまでもかかわっていては
いけない。原子力国債でも発行して一国も
早く手を引いて欲しい。

それにしても、政治家や、官僚で良かったですね。
民間ならとっくに、倒産してますよ。
現政権の最大の課題が原子力。

はやく損切りしていれば国民を元気にする施策が打てたはず。
あきれてみています。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:時事雑感
外交とは、弾の飛ばない戦争、国益のぶつかり合い。
最近の政治家、メディアをみていると、そのことを分かっている人がどの位いるのか。
心細い思いにさせられる。

TVでもだれそれが何を言ったとか
表面的なことだけ。
ごみ情報のオンパレード、何も語らない。

例えば、ロシアでウリュカエフ氏の逮捕報道があった。
氏は日本とロシアの開発担当のようである。
ことはプーチン会談絡みのようだ。

一方、三井物産と三菱商事がサハリン2でガス開発に参加していて
今回さらに、増産計画があるらしい。すでに日本企業がガス開発に
参入している。石油大手ロスネフチも輸出に積極関与しているらしい。

ウリュカエフ氏の逮捕は、まさにの汚職容疑だ。
ガスプロムが中国の妨害?によってガス化計画を断念した発表もあった。
明らかに、反日勢力の影がちらついている。

どの国でも官僚は、国益より私益(汚職・天下り)を優先する。
そこでプーチン大統領の言う、簡単でない。と発言がある。
幸い、日本のほうは、かなり良質な政治家たちだ。

たいして結果を求めては、いけないだろう。
まずは、プーチン氏と、園芸でもして
友人となることだろう。

独特の癖があるが、ロシアは拝金主義の国ではない。
まず友情から。
DATE: CATEGORY:時事雑感
世間ではトランプ氏が大統領になって驚きが走った。
私は、英国のこともあり四分六ぐらいの確率で
トランプ氏の当選もあると考えていた。

これでロシア、中国など地政学的な距離が微妙に変化することに。
とりわけ、ロシアとの交渉を控えた日本にとって朗報といえる。領土交渉は
ともかくパイプラインでのガス輸入に弾みがつくことをいのっている。
エネルギーの自立、多角化が日本の最重要課題だからだ。

ロシアからのガス輸入、アメリカからシェールガス、勿論中東からの
石油、そして国内の再生エネルギー、メタンハイドレード、地熱など
これで日本のエネルギー政策は磐石となる。
多分、この方向に自体は動いていくのではないか。

最後になったが、基地など軍事方面のことだが、これは結論の
出ている話で、政策の幅は広く取れない。誰でも同じだと思う。
軍事プレゼンスを縮小して、ドル機軸通貨を守れるはずがない。
ブッシュがイラク戦争を起こしたのもそのためだ。

まして、共和党政権になる。保守に傾くに決まっている。
独走すれば、軍需産業からの暗殺が起きてもおかしくない事態になる。
これからいろいろあることだろう。
日本にとりそう悪い展開ではない。
DATE: CATEGORY:トレーニングの方法
大分治まってきたが、左足の歪みのせいで、
肉刺やら、太ももに痛みがある。
きき足(右)に比べ、左足が弱く、膝関節も
歪んでいると自覚していた。
痛みが生じたのは、体の歪みのせい。

足の痛みも、ふくらはぎから太もも、でん部へと
あがってきた。足にたよる走りでは、なくなってきた
からと思う。O脚も大分おさまってきた。
最終段階が近づいてきている。
左右の足のバランスもとれてきた、もう一息。

上半身、首もしっかりしてきた。
ジョギングで鍛えるべきは、体の背中、裏側の体幹
なのですね。大抵、体の痛みは、体の歪みから
きていますね。

体のゆがみを、直せば健康になります!ということで。
爽やかな季節になりました。
DATE: CATEGORY:時事雑感
これは、端的に言って”談合”ですよね。
それ以外ありませんから、
役人とメーカーの癒着。

昨今の富山議員の使い込み問題すべて
同じ問題。本当に深刻な問題。
組織ルールが公的ルールに優先する。
組織の忠誠が大事。裏切ったら大変、村八分。
天下りのこともある。
だから、なにより自分の職場第一、
他のことは知らん。
あるのは”村社会”の跋扈!

原子力村、豊洲村、電気業界村、すべてこんな感じ。
悪いばかりとは言いません。
私たちは、家族を守るために懸命ですから。
でも、社会的公正をどう図るか?

もう日本社会極限状態です。それが99.9%の談合。
このような組織だと、国益、都益より
組織の利益が優先されてしまいます。
国防と言っても、外務省の役人の省益ではないと
いう保証はありません。

ことは、国防まで及びます。
国を守るといって、戦争を始めます。
それが、権力者の都合でないとどうしていえるのか?
戦前の戦争がそうでした。

担保するものは何か。
抽象論ばかりいって、組織をないがしろにしていると
全く機能しない状態になります。

談合ひとつとっても、検察、司法は全く関与しません。
三権分立も絵に描いた餅。
機能していません。話が大きくなりすぎました。
ことほど左様に、古くて新しい大変な問題です。

都政に関していえば、と知事室の廃止。
主だったものを集めて、ワンフロアに集めるべきです。
南奉行所と北町奉行所のように、相互で競わせrのもありかも。
ボランティアの監視組織やメディア報道など、常時の監視が
必要。

小池知事がんばって。


copyright © 2016 荒川のほとりでウォーキング all rights reserved.Powered by FC2ブログ