プロフィール

honmasami

Author:honmasami
東京生まれ。男、64歳。
主に、写真、グラフィック関連の仕事に従事。50代に入りWEB関連、会計事務等に従事。
座業中心の職業柄から運動不足で心臓病に。リハビリの一環としてウォーキングをはじめる。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


荒川ウォーキング


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


FC2掲示板


この記事にリンクを貼る


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:時事雑感
明治時代は1868年から。
敗戦記念日が1945年、その間77年あまり。
戦後70年経ったのは、最近の報道で耳にして承知のことだろう。
あと10年位の間に、政府はリセットを迎える可能性が極めて大きいと思われる。
それでなくとも、80年間くらいで大きな変化が起こることは、当たり前のこと。
短いスパンでしか物事を考えられないと、変化があることが考えられなくなる。
今の政府は分かっていない。

最近は株の変動が激しい。
中国の危機は当にわかっていたことです。
中国は、独裁体制なので今年くらいは、持つかと思っていたが
あやしくなって来ている。
経済の減速により、資源安をよんでいる。
日本の庶民にとっては、慈雨である。
大きな変化が迫っていること覚悟しておきたい。

長いスパンでみていないと、20世紀以降、線死者数が激減していることが分からなくなる。
世界中には、危機をあおる輩が、政府をはじめ、大勢いる。
ちょうど、戦後凶悪犯罪が増えている印象がメディアのせいで勘違いするのと同様だ。
けっして、戦死者は多くなっていないのである。
この状況で、なぜ集団安保なのか?理解に苦しむ。

福島原発事故以来、責任を取る人がいない。
再稼動を始めたが、当然責任者が存在しない。
最近、東芝原子力村の粉飾決済が明るみにでた。
なぜ、こんな不合理な経営ができるのか、不可解だったが納得できた。

新国立競技場の無責任体制には、呆れるばかり。
今日、遠藤さんは、1700億円に収めると発表していた。
これはもう、脳死状態。
本人は気付いていないのだろう。

政府・官僚の組織崩壊が目に付くようになった。
第二回目の「大政奉還」が近い。と思うのです。

在野には、優れた学者が多くいます。
シンクタンクを作って、備えて欲しいなぁ。



スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:時事雑感
TBSラジオで国の借金を1053兆3572億円あると報じていた。
あまりの事実誤認なので、書いておく。

会計人は、声を上げる必要がある。
一般人は、バランスシートが全く分かっていない。
財務官僚に簡単にだまされる。
会計が分からないメエディアも悪い。
平気でデマを垂れ流す。

お願いだから、バランスシートが分からない人は黙っていてほしい。
自分の無知が分かっていない人があまりに多い。
自分のビジネスとしてポジショントークを重ねる輩もいる。

国の借金は単独で存在し得ない。
貸し方は、国民資産だ。
どちらから見るかで、全然違う。

まして、国は国際を通して紙幣を発行できる。
誰かに、返済する必要が全くない。
お金(紙幣)だって、国民に返済しますか?
システムは、循環が問題なだけ。
普通に借金とはいえない。

家庭レベルと国家レベルは、全然違う。
国家には、紙幣発行の機能(権利)があるからだ。
このようなデマが、平然と流れるようでは世も末。
財務官僚も悪い。

為替操作で、どのくらいの国富が失われたか。
秘密にしてないで、国会で話し合って欲しい。

DATE: CATEGORY:トレーニングの方法
最近、朝は曇りで少しは涼しい。

現状の体調について、書いておくことにする。
主に、気をつけていることは、歩きでもジョギングでも
体幹を中心にして、鍛えること。
自然に走れるようにすること。

変化としては、ふくらはぎを使わず、太ももの回転
および腰のひねりで足を出すようにしている。
わき腹の筋肉も使えるようになってきた。
足は無理に大股にせず、楽に出すようにしている。

全体の姿勢を上につりあがったように保つようにしている。
臍下丹田といわれるが、力が入ってきたと思う。
丹田を意識できるようになったようだ。

足は太もも中心、やっとはしれるような体になってきた。と感じる。

copyright © 2018 荒川のほとりでウォーキング all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。