プロフィール

honmasami

Author:honmasami
東京生まれ。男、64歳。
主に、写真、グラフィック関連の仕事に従事。50代に入りWEB関連、会計事務等に従事。
座業中心の職業柄から運動不足で心臓病に。リハビリの一環としてウォーキングをはじめる。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


荒川ウォーキング


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


FC2掲示板


この記事にリンクを貼る


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DATE: CATEGORY:時事雑感
国防とは、まず国民の命を守ること!
 
現在、栃木、茨城で洪水が起こり、行方不明者も20人を超えたそう。
私は、今関東・東北・北海道等の地区で戦争が起こっている最中と考える。
国防は一義的には、人名を守ること、ついで国土を保全すべきことと思っていた。

現在の政府首脳、官僚は、どうも国土を守れれば、それが国防だと思っているらしい。
そうでなければ、このような事態に暢気に国防談義をしていることに、合点がいかない。
現に、戦争中の人々がいる。
とっくに、徹夜で現地本部を立ち上げていると、してもらいたいと思っていた。
それが国会談義とは。

起こっていることは、さんざん国民を犠牲にした戦前の政府とかわらない。
彼らの国防は、妄想のうえに築かれた蜃気楼じゃないか。
人の命をまもる事が国防と考えるなら、どうすれば現場から国民を退避させるかは、
非常に重要な戦略だろう。

加賀、出雲など準空母も完成したとも聞く。
病院船や非難センターに活用することも準備したほうがいい。

妄想に沈む政府は、現実が全く見えていない。
スポンサーサイト

copyright © 2018 荒川のほとりでウォーキング all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。