FC2ブログ

プロフィール

honmasami

Author:honmasami
東京生まれ。男、64歳。
主に、写真、グラフィック関連の仕事に従事。50代に入りWEB関連、会計事務等に従事。
座業中心の職業柄から運動不足で心臓病に。リハビリの一環としてウォーキングをはじめる。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


荒川ウォーキング


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


FC2掲示板


この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:トレーニングの方法
姿勢を正すコツはいくつかあります。まずは「いつでも真上に飛び上がれる状態」を意識することです。これは、前回でも紹介した「脳に悪い7つの習慣」の一節です。姿勢を正しく保つという事はかなり難しく、何気ない内容で適切な指摘です。早速私も、ウォーキング中に軽く飛ぶ動作を取り入れている。

そこで想い出したのが、マサイ族のジャンプです。早速検索してみました。マサイ族は、狩猟民族ではないかと思われたのです。狩猟には、空間探知脳の練磨が欠かせませんから。ウィキペディアによると、遊牧民で戦士だとありました。猛獣と戦うこともあるし、独自の格闘技もあるらしいです。

狩猟民ではないようですが、それ以上に戦士だということでドンピシャです。マサイの人々は、ジャンプすることで、正しい体の軸と、筋力、俊敏性をきたえているものと思われます。理にかなった方法です。猛獣と戦うのですから、間違えば命がありません。特に格闘技には、リセットするとき有効なのでは。そういえば「燃えよドラゴン」でもブルース・リーがこの垂直跳びを、リセット動作でやっていたのを思い出しました。武道では常識なのかな。

ウォーキングだけでなくスポーツ全般で心得ておくよさそう。特にサッカー、バスケなど選手は予備動作として、応用範囲が広いとおもわれます。貴方も取り入れてみたら。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 荒川のほとりでウォーキング all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。