プロフィール

honmasami

Author:honmasami
東京生まれ。男、64歳。
主に、写真、グラフィック関連の仕事に従事。50代に入りWEB関連、会計事務等に従事。
座業中心の職業柄から運動不足で心臓病に。リハビリの一環としてウォーキングをはじめる。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


荒川ウォーキング


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


FC2掲示板


この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:荒川ウォーキング
現在の日本は未来を担える組織になっているか。

鶏が先か卵が先かという話がある。
保守主義の阿部首相は、鶏が先ということになるのだろうか?
つまり、国家という枠組みを先に考える人だということである。
日本が成り立つのは、枠組み(自衛隊、官僚、国会)があって、初めて可能と考える人のこと。
反対のリベラルは、国民があって、社会が成立し国家が成り立つと考える人達である。

ちょっとしたことのようで、政策に天地の違いがでる。
今度のことで、阿部首相の優先順位は、国防で、経済(組織改革)は
二の次ということが、はっきりした。

官僚改革などは、先送りにしたからだ。
一番の問題は、組織改革を後回しにして、
国防政策は有効なのだろうか、ということ。
”死んだ組織”で機能するかという問題です。

それが証拠に、特定秘密保護法案などというものを、担ぎ出してきた。
阿部さんは、保守主義ゆえに、官僚に利用されたとみられる。

最後に”死んだ組織”と考える理由をあげておく。
普通、赤字に陥った企業は、リストラをする。
資産リストラ、公務員削減策など、何も聞こえてこない。
やったのは、消費増税のみ。

こんな組織、もう長くない。
もって10年ではないか。

自民も政策を誤った。
一刻も早く、野党の受け皿を用意したほうがいいだろう。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 荒川のほとりでウォーキング all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。