プロフィール

honmasami

Author:honmasami
東京生まれ。男、64歳。
主に、写真、グラフィック関連の仕事に従事。50代に入りWEB関連、会計事務等に従事。
座業中心の職業柄から運動不足で心臓病に。リハビリの一環としてウォーキングをはじめる。


最新記事


最新トラックバック


月別アーカイブ


荒川ウォーキング


最新コメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


FC2掲示板


この記事にリンクを貼る

Designed by Shibata


まとめ
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:時事雑感
特異な儒教国家、中国・北朝鮮・韓国。

昨今、中国・韓国のニュースの流れない日はない。

儒教国家は、血縁による大家族主義、易姓革命の国である。
つまり国家は誰か個人の国で、民衆の代表ではない。
皇帝は、天命により王朝を開く。
官僚選抜としての”科挙制度”も有名。

本質的に、民主主義原理の国ではない。
現在、国家主席の中国・第一書記の北朝鮮・・・独裁体制を
とっているのは偶然ではない。
特に韓国は分かりにくいが、民主主義国家としてどうなのか?
(裏に独裁国家の顔が隠れていないか)

最近、裁判所が親日の財産を没収?という判決があった。
法律の過去への不遡及・好悪の排除・権力、権威への公正など
常識的なこと。
こんな、単純なことが守られない。
到底、法治国家とはいえない。
すぐに、”人治主義”が顔をだす。

日本では、すでに鎌倉時代の貞永式目で成立していた
原理だ。また大統領制の国は、総じて、社会が未成熟で
不安定な国が多いと感じている。権力を集中しないと、社会が
安定しないからだろう。
もちろん、韓国も大統領制。

彼らも苦しんでいるのだとは思う。
果たして、儒教文化の国々は、民主主義国家になれるだろうか?
血族主義、独裁主義から脱却できるのか。
それほど、社会の成熟度にかかわらず、
儒教国家の特異性は際立つ。
社会の信頼性の欠如は、どうしょうもない。


当分、距離を置くしかない、とおもう。



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 荒川のほとりでウォーキング all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。